お葬式
 
  お葬式のマナー

お葬式のマナーは、社会人として身につけておきたい基本のマナーのひとつです。お葬式には多くのしきたりが存在し、おかしてはならないタブーも多々あります。

一般的に言われているお葬式のマナーをマスターしておきましょう。まずお葬式には、定められた服装で出席します。男女とも略礼服と呼ばれる、いわゆる喪服を着用すれば大丈夫です。

ただし男性ならシャツは白を着用し、チーフやタイピン・光るバックル・エナメルの靴はタブーといった細かいマナーもあります。

女性の場合はもっと複雑です。髪は低い位置でまとめ、メイクやネイルはナチュラルに施します。バッグは光沢の無い黒い布製のもの、パンプスもプレーンな黒でローヒール・・・などです。男女ともに光沢のあるもの・毛皮など殺生を彷彿とさせるものは避けます。

ハンカチにまで気を配れば、お葬式の服飾マナーは完璧ですね。あとはお数珠を忘れずに携帯しましょう。

さらに難しいのが、お香典です。お香典は一般的な仏教の場合、御霊前と表書きをします。しかし浄土真宗では御仏前になります。キリスト教は御花料、神式なら玉串料となります。熨斗は仏教なら黒白の結び切り、神式は銀の結び切りです。

いずれも内袋に住所氏名と金額を記入しましょう。新札は避けるのも、古くから言われているお葬式のマナーのひとつです。なによりもお金の入れ忘れに注意をしましょう。意外と多いミスです。

お葬式に参列してからも、ご挨拶やご焼香・献花・玉串奉奠などお葬式のマナーはまだまだ続きます。しかし難しいことに、お葬式のマナーは地域・宗教・宗派・ひいては一族・家族で全く異なってしまうものでもあるのです。

一般的に言われるお葬式のマナーを身につけたら、あとは「郷に入れば郷に従え」というスタンスで臨みましょう。

故人を哀悼し遺族を労わる気持ちで、誠意をもって出席する事がなによりのマナーではないでしょうか。

  お葬式マナーの豆情報

現金や、のし袋、進物や大切な品物を包んだり覆ったりするために使う四角い布で、絹 や縮緬などでできています。不祝儀袋(=お悔やみ用ののし袋。香典袋など)は、袱紗( ふくさ)に包んで持参するのが正式なマナーです。通夜や葬儀の受付で懐やバッグから...
冠婚葬祭マナー【袱紗・葬儀葬式】香典・包み方渡し方・色・金封・不祝儀袋
お葬式に参列しなければならない状況は突然やってきます。たとえ仕事で忙しく なかなか時間がとれない場合でも、なんとか都合をつけて故人との最後のお別れを きちんとしておきたいものです。 時間のない中でも必要最低限のマナーは心得ておき、 ご遺族に...
お葬式参列マナーガイド
横浜、横須賀、厚木の車高額買取りの人気店探しをガッチリサポート!中古車の買取情報ならココが1番です。
車査定神奈川

  サイトメニュー

 
Copyright (c) お葬式のマナーガイドブック All Rights Reserved.