お葬式
 
  お葬式の挨拶

お葬式には形式にのっとった挨拶がつきものです。遺族側からの挨拶を行う場合もあれば、弔問客として挨拶を行う場合もあります。

こうした儀式の場では、社会人としての常識の有無が浮き彫りになってしまうものです。いつお葬式の挨拶を行う立場に立っても困らないよう、恥ずかしくないお葬式の挨拶をマスターしておきましょう。

喪主や遺族としての立場に立った場合のお葬式の挨拶についてみてみましょう。まずはお通夜における挨拶やお礼の言葉です。さらに葬儀で行う喪主の挨拶・精進落としの際の挨拶・僧侶へのお礼の挨拶が、主なものになります。

もちろんその他にも忙しい中故人のために足を運んでくださった方や、受付などを担当してくださる方へのお礼やあいさつは折に触れて行いましょう。

喪主としてのお葬式の挨拶では、まず冒頭に集まってくださった方々へのお礼を述べます。さらに故人の思い出を語り、故人へのご恩のお礼を述べます。最後に遺族に対する今後も変わらぬご支援をお願いし、お礼の言葉で結びます。

お葬式の挨拶には忌み言葉が存在します。結婚式と同様、2度と起こらない事を願う儀式なので重ね言葉や再来を意味する言葉は避けるようにしましょう。

弔問客として挨拶をする場合は、故人への冥福を祈り遺族を労わる言葉を選びます。弔辞を述べることになった場合は、故人との関係や受けた恩・交流や故人の人柄などを心をこめた言葉で語りましょう。遺族の心情を考えて、弔辞では主に良い思い出や素晴らしい業績などを取り上げることがマナーです。

最後に冥福を祈って結びます。こちらの挨拶でも、重ね言葉は忌み言葉です。

マナーをしっかり守り、互いに思いやりと誠意のこもったあいさつを行うようにしたいものですね。

  お葬式マナーの豆情報

  サイトメニュー

 
Copyright (c) お葬式のマナーガイドブック All Rights Reserved.