お葬式
 
  お葬式のお返し

お葬式のお返しは、香典返しと呼ばれる事もあります。お葬式に弔問した場合、供物やお香典をおさめた時にその返礼として返される品物です。

昔はお香典やお供物をいただいた方に、四十九日があけた忌明けにお返しする事が一般的でした。その場合はお葬式の後に会葬礼状をお出しし、忌明けには忌明け礼状と共に香典返しを行います。

しかし最近では、この風習も大きく変化してきています。まず弔問する場合は、ほとんどの方がお香典を持参します。金額も近所や職場・親族・知人友人などでほぼ統一されているので、予想も簡単につきます。

さらに四十九日の法要を葬儀の後、即日に初七日と共に行ってしまう場合も増えました。

そこでお葬式のお返しを統一し、当日お渡ししてしまうケースが増えています。こうしたお葬式のお返しの方法を、当日返しや即日返しと呼んでいます。

こうすることでのちに郵送やお届けをする手間を省く事ができますし、お渡し忘れも防ぐ事ができます。当事者の負担を減らし、事務手続きや支払いも簡単に済むためあっという間に主流となりました。

お葬式のお返しとして贈られる品には、海苔やお茶・乾物などが多いようです。また最近では商品券を選ぶ方も増えています。お葬式のお返しの品には会葬礼状が添えられ、また多くの地域ではお清めの塩やお神酒も同封されています。

お葬式のお返しは、忙しい中故人のために冥福を祈ってくださった方へのお礼です。贈り漏れがないように、親族・葬祭業者・ギフト業者とよく連携をとって用意しましょう。

  お葬式マナーの豆情報

v class="w">知っておきたい葬儀の香典お返し時期やマナー | 喪服・葬儀の役立つコラムwww.monoir.jp/contents/funeral/1037.html - キャッシュ香典をいただいた方へのお返しは、葬儀の当日に返す「即日返し」と、四十九日後に返す「後日返し」の2種類。今回は、葬儀でいただく香典のお返しにまつわる疑問やマナーをまとめました。 香典返しの時期「即日返し(即返し)」 即日返しとは、...
知っておきたい葬儀の香典お返し時期やマナー | 喪服・葬儀の役立つコラム
v class="hd">香典返しのマナー|浦安・葛西・三郷で葬儀・葬式・家族葬「東京花壇」tokyo-kadan.jp/mamechishiki/koudengaeshi/ - キャッシュ香典返しのマナー. 香典返しとは、お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典に対するお返しです。また、お悔やみをいただいた方々へ、弔事を滞りなく終えたことに加え御礼を伝えるために贈る物でもあります。 香典返しは、いつ渡せばよいのか、香典を...
香典返しのマナー|浦安・葛西・三郷で葬儀・葬式・家族葬「東京花壇」

  サイトメニュー

 
Copyright (c) お葬式のマナーガイドブック All Rights Reserved.